CADオペレーターの設計補助求人。正社員になるには?

電気設備業の「CADオペレーター」の仕事には何が含まれる?

 

電気設備の業務で重要になるのが「図面作成」昔は手書きの図面をつかって作業をしていたけれど近年ではCADのソフトが普及しより簡単に図面作成ができるようになりました。けれど施設の規模が大きくなればなるほど図面の情報量もふえていきソフトをつかっても短時間で仕上げることができるものでもありません。電気設備士は現場の作業員の管理や追廻などで図面を作成することが負担となるので「CADオペレーター」を雇い、現場の情報を図面に朱書きしたものを渡して図面作業を託していくのがより円滑に仕事を進めていくのに必要となるのです。
CADオペレーターは主にCADソフトが使用できることがニーズとして要求され、さらに電気設備の場合は配線の種類やシンボルマークの意味などを把握していくことが図面作成をより進めやすくなります。これらにおいては現場にある「設計図」から学ぶか「施工図の書き方」などの書籍を参考に勉強することができます。