CADオペレーターの設計補助求人。正社員になるには?

電気設備業の「CADオペレーター」の仕事には何が含まれる?

 

電気設備の業務で重要になるのが「図面作成」昔は手書きの図面をつかって作業をしていたけれど近年ではCADのソフトが普及しより簡単に図面作成ができるようになりました。けれど施設の規模が大きくなればなるほど図面の情報量もふえていきソフトをつかっても短時間で仕上げることができるものでもありません。電気設備士は現場の作業員の管理や追廻などで図面を作成することが負担となるので「CADオペレーター」を雇い、現場の情報を図面に朱書きしたものを渡して図面作業を託していくのがより円滑に仕事を進めていくのに必要となるのです。
CADオペレーターは主にCADソフトが使用できることがニーズとして要求され、さらに電気設備の場合は配線の種類やシンボルマークの意味などを把握していくことが図面作成をより進めやすくなります。これらにおいては現場にある「設計図」から学ぶか「施工図の書き方」などの書籍を参考に勉強することができます。

 

小学校高学年のころは、週に4回くらい習い事をしていました。ピアノの個人レッスンとグループレッスン、それに週2回英語を習っていました。習字を習っていたこともあります。当時の同級生に比べると習い事に行くことが多かったうえ、自宅のすぐ近くではなく電車で教室に通っていたので、友達との付き合いも悪くなり、時間に追われてばかりいるような感じがありました。
特に英語教室に通うのはつらかったです。学校が終わると30分歩いて家に帰って、それからすぐに荷物を替えて駅に向かい、電車に乗って教室に行きました。今振り返ってみても、結構負担が大きかったと思います。英語教室に行くようになった理由は、親が英語に苦手意識を持っていて、早くから身につけたほうが良いと考えたからであって、自分の意思ではありません。そんなこともあって、私は親に教室をやめさせてほしいと何度もお願いしましたが、聞いてもらえませんでした。
ピアノのグループレッスンも、今振り返ると「え?」と思うようなことばかりありました。レッスンで特につらかったのは、なんといっても先生のえこひいきが激しかったことです。できる生徒ばかりを囲い込んで、その生徒のレベルに合わせてレッスンを進める一方、残りの生徒はほとんど目をかけてもらえません。私はレッスンについていけなくて、親にやめさせてほしいとお願いしました。でもこれも聞き入れてもらえませんでした。
もし現在このようなことがあったら、たぶん多くの親は先生に苦情を言ったり、子供にレッスンをやめさせたりするでしょう。私が親の立場だったら、レッスンを見学したうえで、やはり苦情を言うなり子供をやめさせるといった対応をします。グループレッスンを振り返ってみると、時代の変化を実感します。